エントリー - 設計

金沢東別院報恩講 御絵伝絵解き法話

金沢東別院報恩講の第五日、細川公英氏による解き法話が行われました。親鸞聖人の御生涯が書かれた「御伝鈔:ごでんしょう」が四幅の掛軸(御絵伝)になっており、今年は、親鸞聖人流罪から関東での念仏生活の箇所でした。

大谷保育加盟園の報恩講

金沢東別院の報恩講では、大谷保育加盟園の報恩講が行われ、3園159人の園児さんが讃歌のお勤めの後、「しんらんさまとやまぶしべんねん」の紙芝居を見ました。

金沢東別院報恩講 帰敬式

今年も金沢東別院報恩講で、201人が「帰敬式:ききょうしき」(おかみそり)をされました。法名は死んでからの名前ではなく、「仏弟子としての名前を受け、お念仏を大切に生活していくこと」を誓いました。