投稿

御遠忌法要並びに関連行事の延期について

金沢教区 金沢別院・鶴来別院
宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要並びに関連行事の延期について

昨今の新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々やそのご家族、また入院や自宅待機により不安を抱えたままの皆様に対して衷心よりお見舞い申しあげます。

さて、本年5月に予定しております金沢教区 金沢別院・鶴来別院 宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要の実施について、去る3月9日開催の「教区御遠忌常任委員会」を開催し協議いたしました。

会議では、「別院報恩講などとの兼修」や「規模を縮小しての実施」というご意見もありましたが、ご門徒・ご寺院の「一丸となって賑々しく御遠忌法要をともにつとめたい」という願いを改めて確認し、金沢別院及び鶴来別院の御遠忌法要並びに関連行事を1年程度延期することに致しましたので、お知らせいたします。

2021年において新型コロナウイルス感染症が終息しているという保証はございませんが、地域社会とともに、念仏相続の場として開かれた別院としてお迎えする教区宗祖御遠忌を、金沢教区としてあらためて一年かけてととのえなおす意思決定をしたことでございます。

今後は、関係機関で協議をおこない、本山との連携を深めつつ法要期日等について決定してまいりたいと思います。

ご寺院、ご門徒の皆様におかれましては事情ご賢察いただきますようお願い申しあげます。

新型コロナウイルス感染症の影響で開催を延期する予定の御遠忌関連行事

4月中のおやま定例法話・日曜講演の中止について

新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、
4月中の【おやま定例法話・日曜講演】中止となりました。
5月以降については状況をみて、お知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う宗派及び教区の対応について

新型コロナウイルス感染について、去る2月26日には政府が「多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請することといたします。」という発表がありました。
これにより2月27日真宗大谷派としての対応が示され、金沢教区としても宗派に準じた対応をとることとなりました。
つきましては、別紙行事予定表のとおり研修会、会議等を中止させていただくことといたしましたので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。

今後の最新状況については、ホームページ「おやまねっと」に掲載してまいりますのでよろしくお願いします。

  1. おやま定例法話・日曜講演について
    3月1日より3月31日まで休講とする
  2. 春の彼岸法要・万人講法要(3月20日・21日)について
    自由参拝とし、法話は中止します
  3. 須彌壇収骨等のお取り扱い
    納骨や申経等に関しては、通常通り執行します

尚、4 月以降につきましては、状況により変更もございますので、
電話での問い 合わせやホームページ「おやまねっと」で確認いただくようお願い申し上げます。

以下の書類をご用意いたしましたので、
宗派及び教区の対応についてご確認ください。

金沢別院にご参拝の方へ

金沢別院での納骨、永代経・申経等の読経については、
ご希望に応じて受付及び執行をさせていただきますが、
現在の感染拡大の状況を勘案の上、
ご参拝の日程を変更いただくなど、ご検討くださいますようお願いします。

また、ご参拝の際は、マスク着用、咳エチケットや手洗い・うがいの励行など、
十分な予防対策を施してご参拝くださいますようご協力をお願いいたします。

春彼岸特別法要について

【3月20日・21日 春彼岸法要】

法話は中止となりました。

ご参拝の際は、マスク着用、咳エチケットや手洗い・うがいの励行など、
十分な予防対策を施してご参拝くださいますようご協力をお願いいたします。